楽天証券で米国株の為替レート/円換算の評価損益額がおかしい理由

楽天証券で米国株の為替レート/円換算の評価損益額がおかしい理由楽天証券
楽天証券で米国株の為替レート/円換算の評価損益額がおかしい理由

米国株の為替レート・円換算評価額がおかしい人向け

こんにちは、オサカナです。
GW中に購入した米国株の評価損益額がドルだとプラスなのに円では大幅なマイナスになっていることに気づく。

実際に購入した株を見てみると・・・

オサカナ
オサカナ

為替レートが「1ドル114円」!?
何かがおかしい!!

108〜109円台で推移してて、購入時からそこまで変わっていないし、なんでだろうと調べてみました。

スポンサーリンク

楽天証券で米国株の為替レート/円換算の評価損益額がおかしい理由

楽天証券で米国株の為替レート/円換算の評価損益額がおかしい理由

翌営業日に適用為替レートが確定するまでは「一時的に購入代金の5%上乗せとなる」ためでした。

為替レートが確定すれば、きちんと上乗せした部分の金額が戻ってくるので、対応としては「放置」が正解です。

ソースは、楽天証券の「良くあるご質問」に載っていました。

米国株式の国内約定日の午前10時の適用為替レートで決定します。 午前10時の適用為替レートは、午前9時50分以降に当社が順次定めるレートとなります。

※日本が祝日の日に取引をした場合は、翌営業日の午前10時の適用為替レートが適用されます。

適用為替レートが決定するまでは、掛け目5%を上乗せした金額を受渡金額として拘束しております。

実際の受渡金額による画面反映は、適用為替レート決定日の午前10時30分頃より反映しますのでご留意ください。

米国株式を円貨決済で買付した場合、いつの為替レートが適用されますか?

一時的に「為替レートの掛け目」×1.05となる為替レートが適用されるということだと理解しました。

この運用を踏まえた注意点は、GWのような祝日が続く長期連休に米国株を取引する場合、翌営業日がこず購入代金の5%が長期間に渡り資金拘束されるという点。

つまり、資金拘束されている分、購入できる株が減り、機会損失になるかもしれません。
(買付可能額ギリギリの取引をするなってことでしょうけどね)

スポンサーリンク

実際の表示

iSPEEDでの表示(為替レートがおかしい時)

↓ドル表示だとプラス(+約190ドル)

↓円表示だとマイナス(-約12,000円)

オサカナ
オサカナ

差が3万円ほどあって、びっくり

楽天証券のWEBでの表示

↓翌営業日以降にみると正式な為替レートになっていました。

オサカナ(ニコ)
オサカナ(ニコ)

あーよかった

スポンサーリンク

まとめ:そういう仕様で放置すべし

境地

今回は「楽天証券で米国株の為替レートがおかしい/円の損益が大幅マイナスになる訳」について説明しました。

評価額がプラスだと思っていたらマイナスになっているとびっくりしますね。

オサカナ
オサカナ

あせったよー

今回は特別な手数料でもかかったのかと思ったくらいでした。

「よくある質問」に書いてあるからまだ良いですが、もっと画面に注記がほしいですね。

それにしても日本にいながらポチッと米国株を購入できる良い時代になりました。

オサカナ(キリッ)
オサカナ(キリッ)

コツコツと米国株は買い増ししていきます

当たり前ですが日本とアメリカでは、休みに違いがあると改めて認識しました(笑)

「SBI証券」を口座開設していない人は必見!今なら一手間するだけで無料で1.5万円が貰えます。1株から購入できる単元未満株や、IPOの取り扱い銘柄に差があったりと、楽天証券にはない強みがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました