【朗報】楽天証券:米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善

【朗報】楽天証券:米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善楽天証券
【朗報】楽天証券:米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善

楽天証券の米国株投資をする人

こんにちは、オサカナです。
ふとiSPEEDのお知らせを見ていたらすごいニュースに気づきました。

楽天証券で、米国株式に投資している人には朗報です!

今回は「楽天証券で米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善」のニュースを紹介します。

オサカナ(照)
オサカナ(照)

前に疑問に思った為替レートの問題が解決だ!

スポンサーリンク

【朗報】楽天証券:米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善

【朗報】楽天証券:米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善

何が起きるというと、米国株を購入時の資金拘束が減る、というものです。

お知らせの内容は次のようなものでした。

2021年6月26(土)朝8時以降、米国株式を円貨決済で注文を出す際の為替掛目が、5%から1%に縮小されます。

【注文時の余力拘束時の計算式】

◆買いの円貨決済

・成行:(直近値×株価掛目(1.03)×株数+手数料)×参考為替レート×為替掛目(1.01)

・指値:(指値価格×株数+手数料)×参考為替レート×為替掛目(1.01)

出典:「【米国株式】円貨決済注文の余力拘束時の為替掛目の変更について」より

つまり、今までは米国株式を円貨決済では為替レート5%を資金拘束していたが、6/26(土)からは1%に抑えるということ、デメリットはなく単純な改善です。

もう少しイメージしやすいように次のケースでどれくらい改善されるか、説明すると・・・

  • 1ドル110円
  • 1株50ドルの銘柄
  • 成行注文で100株購入

従来の場合

597,366円
=(直近値×株価掛目(1.03)×株数+手数料)×参考為替レート×為替掛目(1.05)
=(50×1.03×100+22)×110×1.05

見直し後の場合

574,609円
=(直近値×株価掛目(1.03)×株数+手数料)×参考為替レート×為替掛目(1.01)
=(50×1.03×100+22)×110×1.01

比較結果

従来と比較し「22,756円(4%)」も資金拘束が減ることになります。

オサカナ(ニコ)
オサカナ(ニコ)

金額が多くなればなるほど、効果が大きい改善ですね

スポンサーリンク

まとめ:楽天証券の米国株投資が快適に!

やったー

今回は「楽天証券で米国株購入時の為替掛目を5%→1%に改善」のニュースを紹介しました。

今までは一時的な為替レートが高くなりすぎて、円換算評価損益がおかしいことになっていましたが、それが解消します。

※↓以前、記事にしていました。

2021年4月の米国株式取引(円貨決済)の自動入出金(スイープ)対応に続き、どんどん楽天証券の米国株式取引が快適になりますね。

ただ米国株式の取扱銘柄数で言えば、楽天証券は3,727銘柄(2021/6/27時点)で、SBI証券(4,200銘柄)、マネックス証券(3,828銘柄)と比較すると劣っています。

まぁ楽天証券の口座開設数は破竹の勢いで伸びていますし、SBI証券を抜いてNo.1になるのも近いでしょう。逆に他の証券会社も負けずに頑張って欲しいですね。

特に手数料の無料化の動きについては、もっと広がって欲しいですね。

オサカナ(キリッ)
オサカナ(キリッ)

結局、お得な証券会社に人が集まる

スポンサーリンク

参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村