「投稿」を「固定ページ」に変更する方法【WordPress】

「投稿」を「固定ページ」に変更する方法【WordPress】WordPress奮闘
「投稿」を「固定ページ」に変更する方法【WordPress】

こんにちは、オサカナです。

WordPressの機能を理解せず始めて
今になって「固定ページ」で作成すればよかった・・・

っていうことはありませんか?

オサカナ
オサカナ

オサカナはありました
最初の記事が「プロフィール」で「投稿」で作成しましたが「固定ページ」で作成すべきでした

今は「投稿」で作成した「プロフィール」を「固定ページ」に変更しています。

こんな人にオススメ
  • 「投稿」を「固定ページ」に変更する方法を知りたい
  • 「投稿」や「固定ページ」の違いについて知りたい

今回は「投稿」を「固定ページ」に変更する方法について説明します。

スポンサーリンク

「投稿」を「固定ページ」に変更する方法

「投稿」を「固定ページ」に変更する方法【WordPress】

変更方法は2つあります。

変更方法
  1. 手動で変更する
  2. プラグインを使用し変更する

どちらが良いのでしょうか。

コンテンツの持つ情報の引き継ぎが可能かの○×表を作ってみました。
凡例…○:可能、△:一手間かければ可能、×不可

項目手動で変更プラグインで変更
本文
ID×
URLスラッグ
公開日
ツール不要×
Cocoon
アクセス集計
××

以上のことから、オススメは後者の「プラグインを使用し変更する」です。

スポンサーリンク

そもそも「投稿」と「固定ページ」の違い

具体的な変更方法に入る前に「投稿」と「固定ページ」の違いを認識しておきましょう。

実は「固定ページ」にする必要がないのかもしれません。

違いを表にまとめてみましたが、ざっくりポイントは2点です

  • ブログ記事(時事ネタや時々で内容が変わる) →投稿
  • 内容が大きく変わらない →固定ページ

あとテーマCocoonの利用者で言えば人気記事の対象にしたくないので固定ページにする、という選択肢もあるのかなと思います。

項目投稿(Posts)固定ページ(Pages)
内容ブログ記事などの
コンテンツ
内容を変更しない・
頻繁に更新しない
コンテンツ1
カテゴリー×
タグ×
親子関係×
ページテンプレート×
ホームページ×
記事一覧×
日付との紐付け×
Cocoonの
人気記事
×
スポンサーリンク

手動で変更する方法

ここではプラグインを使用せず、手動で変更する方法を解説します。

プラグインを使用し変更する場合、クリック

次の流れで実施ください。

  1. 固定ページにしたい「投稿」を開く
  2. 「固定ページ」を新規追加する
  3. 「投稿」の本文を「固定ページ」に貼り付けする
  4. 「投稿」のURLスラッグを「固定ページ」に貼り付けする
  5. 「投稿」と同じアイキャッチ画像を「固定ページ」で設定する
  6. 「投稿」をゴミ箱へ移動する
  7. 「固定ページ」を公開する
オサカナ
オサカナ

ざっくりした手順ですみません。。。
プラグインがおすすめです

スポンサーリンク

プラグインを使用し変更する方法

ここではWordPressプラグイン「Post Type Switcher」を使用した変更方法を解説します。

手動で変更する場合、クリック

「Post Type Switcher」のインストール

WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を開きます。

プラグインの新規追加

キーワード検索で「Post Type Switcher」と検索し「今すぐインストール」する。

「Post Type Switcher」と検索し「今すぐインストール」

インストール完了後、プラグインを「有効化」します。

「Post Type Switcher」を「有効化」します。

これでインストール完了です。

「投稿」を「固定ページ」に変更する

  1. 「固定ページ」に変更したい「投稿」を開く
    ※オサカナの場合、プロフィールでした
  2. 右上の歯車アイコンを押し、右サイドバーを表示する
    ※右サイドバーが表示されていない場合
  3. 右サイドバーの「投稿タイプ」の「投稿」をクリックする
投稿タイプを変更する

すると種類を切り替えできるメニューが表示されるので「投稿」→「固定ページ」に変更します。

「投稿」を「固定ページ」に変更して良いかの確認がでますが「OK」で続行します。

「投稿」を「固定ページ」に変更して良いかの確認

「固定ページ」の更新画面に表示が切り替わるので、右上の「更新」から保存します。
(投稿タイプが「固定ページ」になっていますね)

固定ページの更新画面に切り替わる

↓固定ページに保存されました。

固定ページに更新された

ちゃんと固定ページ一覧にできていますね

これで完了です。

パーマリンクやIDは変わらないため、今までと同じURLでアクセスできます。

最後に「Post Type Switcher」の機能はそう頻繁に使用しないと思います。

そのため、プラグインは、無効か、アンインストールしておくとよいでしょう。
(不要なプラグインがあることで、サイトの処理遅延やセキュリティのリスクがあります)

補足:「投稿一覧」「固定ページ一覧」の「種別」は不要なら削除

「投稿一覧」「固定ページ一覧」の右上にある「表示オプション」から「種別」のチェックを外してください。

補足:「投稿一覧」「固定ページ一覧」の「種別」は不要なら削除
スポンサーリンク

まとめ:プラグインを使えば簡単にできる

プラグインを使えば簡単にできる

今回は「投稿」を「固定ページ」に変更する方法を解説しました。

プラグイン「Post Type Switcher」を使えば非常に簡単に変更できますね。

オサカナ(キリッ)
オサカナ(キリッ)

間違ってもリカバリができるから、気にせずどんどんコンテンツを作っていこう

スポンサーリンク

参考にしたサイト

タイトルとURLをコピーしました