対処法:タグ「amp-auto-ads extension script」がドキュメントで複数回使用されています。【サチコエラー】

対処法:タグ「amp-auto-ads extension script」がドキュメントで複数回使用されています。【サチコエラー】ブログのノウハウ
対処法:タグ「amp-auto-ads extension script」がドキュメントで複数回使用されています。【サチコエラー】

Google Search Consoleのエラーの対処法

こんにちは、オサカナです。

昨日Google AdSenseのAMP自動広告を設定した後に「Google Search Console(サチコ)」で「タグ『amp-auto-ads extension script』がドキュメントで複数回使用されています。」とエラーになりました。

今回は、このエラーが出た時の対処法を解説します。

オサカナ(真顔)
オサカナ(真顔)

amp-auto-ads extension script?what?

スポンサーリンク

対処法:タグ「amp-auto-ads extension script」がドキュメントで複数回使用されています。【サチコエラー】

選択

結論を言えば、

amp-auto-adsタグが2回入らないようにする。

なんですが、具体的に何をすれば良いか、まず原因から追究します。

スポンサーリンク

原因の追究

思い当たる節は「Google AdSenseのAMP自動広告」しかなかったですね。

AMPページのソースの確認

Google Search Consoleで問題となったページのソースを開いてみます。

見づらいのでコピーしたテキストをエディタに貼り付けし「amp-auto-ads」を検索すると4箇所ヒットいました。

なぜか2セットずつ入っている。そして1つ目のamp-auto-adsタグに「data-ad-client」が入っていない

オサカナ
オサカナ

なんで?

amp-auto-adsが2セットの原因はこれ

調べると、無料テーマ「Cocoon」がAMPページにはAMP自動広告用のコードを自動設定してくれていることが判明。

自分でテーマの「tmp-user/amp-body-top-insert.php」と「tmp-user/amp-head-insert.php」にAdSenseコードを設定していましたが編集不要でした。

不要なコードは削除して修正完了!

「data-ad-client」が未設定の理由はこれ

Cocoon設定にある「アドセンス設定」の「広告コード」にAdSenseコードを貼り付けする必要がありました。

ここから自動的に「data-ad-client」を取得して設定してくれます。

スポンサーリンク

Google Search Consoleで修正を検証

↑の問題を修正し「Google Search Console(サチコ)」を開きます。

「修正を検証」をクリックします

初期検証中が表示されるので待つ

スポンサーリンク

あれ?改善されていない

該当記事を一度更新し、再検証してみる

更新し、再検証

検証が開始されました

いけた!

AMPページへの反映には、記事の更新が必須のようです。

(数日後)検証が終了し「合格」します

結果待ち・・・

スポンサーリンク

まとめ:AMPページって難しい

やったー

今回は「Google Search Console(サチコ)」で「タグ『amp-auto-ads extension script』がドキュメントで複数回使用されています。」とエラーになったときの対処法について解説しました。

ブログやサイト運営をしていれば
Google Search Console(通称:サチコ)」は必須ツールですね。

一度連携さえすれば、ずっとチェックしてくれて検索キーワード分析もできます。何よりブログの検索クリック数、検索表示回数が伸びてくれるとモチベーションアップに繋がります

毎朝チェックするのが日課になっている(笑)翌日まで変化はそれほどないのに度々見てしまう・・・これは惚れてもうてる?

オサカナ(ニコ)
オサカナ(ニコ)

サチコ、これからも頼むでー

コメント

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村