Kinoppy購入方法(iOS版):WEB取り扱い商品とは?/紀伊國屋書店

Kinoppy購入方法(iOS版):WEB取り扱い商品とは?/紀伊國屋書店iPhone
Kinoppy購入方法(iOS版):WEB取り扱い商品とは?/紀伊國屋書店
こんなiPhoneユーザにオススメ

・紀伊国屋書店の電子書籍を購入したい購入方法を知りたい
・Kinoppyアプリから電子書籍が買えないダウンロードできない
・Kinoppyアプリから購入できない理由を知りたい

こんにちは、オサカナです。
iPhoneのKinoppyアプリから電子書籍を購入できず、画面には「WEB取り扱い商品」「この商品は紀伊國屋書店ウェブストアで購入できます。」という表示

オサカナ(真顔)
オサカナ(真顔)

今アプリでウェブストアを開いてますけど?

今回はiPhone(iOS)での購入方法購入できない理由を解説します

スポンサーリンク

Kinoppy購入方法/買えない時の対処法

Kinoppy購入方法/買えない時の対処法

Safariから紀伊国屋書店ウェブストアにアクセスすれば購入できます。
iOS版Kinoppyアプリからは購入できません。(理由は後述)

電子書籍を買う前に
  • ポイントサイトハピタス経由でポイント還元
  • AmazonKindleストアと値段比較してますか?
  • 200万冊読み放題Kindle Unlimitedがオススメ!無料体験も
  • AmazonのAudible最初の1冊が無料。プロのナレーターが朗読した本を聴けます。家事中や通勤電車で聴くのがオススメ。本は聴く時代に

iPhoneのSafariでも、PCのブラウザ(Chrome、Edge、Firefox、Safari)からでも購入OKです。

iOS版アプリで購入できないことは「Kinoppy for iOS」のよくある質問にも記載がありましたね。ただ「なぜ購入できないのか」の理由は書かれていません。

Q.iOS Kinoppyのストアに「AppleIDで購入」の代わりに「WEB取り扱い商品」とありますが、iOS Kinoppyストアでは購入出来ないのでしょうか。

「WEB取り扱い商品」と表示の電子書籍は、弊社ウェブストアでの販売となりますので、お手数ですが下記の方法でウェブストアよりご購入いただければ幸いです。

出典:「iOS Kinoppyのストアに「AppleIDで購入」の代わりに「WEB取り扱い商品」とありますが | 紀伊國屋書店ウェブストア よくあるご質問」より
スポンサーリンク

iPhoneアプリからKinoppyの電子書籍が購入できない理由

iPhoneアプリからKinoppyの電子書籍が購入できない理由

技術的に実現ができないわけではないですが、iOS版には次の2つの側面があります。

  • App Storeの規約:コンテンツ提供はApp内課金のみ、購入方法は促せない
  • Kinoppyの収益性:Appleに手数料を払うかどうか

では説明します。

App Storeの規約

App Storeの規約を確認すると、iPhoneアプリで電子書籍を提供する場合の課金形態について分かります

要点としては3つ。

iPhoneアプリで電子書籍を提供する場合

  • iPhoneアプリで電子書籍購入の場合「App内課金」の利用が必須
  • iPhoneアプリから「App内課金」以外の方法を促してはいけない
  • 電子書籍リーダーアプリの場合、購入済みの書籍へのアクセスは許可する

これはApp Storeの規約「App Store Reviewガイドライン」の「3.1支払い」に関係する内容が書かれていました。

(2021/9/5追記)朗報です!
2022年よりリーダーアプリから購入ページへのリンクが許容される見込みになりました。
App内での購入は引き続きできませんが「他の購入方法は促せない」という制限がなくなります。

日本の公正取引委員会の2021/9/2発表によると、デジタルコンテンツの販売に関する事業活動をAppleが制限している疑いがあることから独禁法に基づき、このガイドラインを審査していた模様。

それに対して、Appleは音楽・雑誌・ニュース配信事業におけるリーダアプリからのアウトリンクを許容する内容にガイドラインを見直すと申し出たようです。

3.1.1 App内課金:
Appのコンテンツまたは機能(例:サブスクリプション、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンの利用)は、App内課金を使用して解放する必要があります。コンテンツや機能を解放するため、ライセンスキー、拡張現実マーカー、QRコードなど、App独自の方法を用いることはできません。App内課金以外の方法で、ユーザーを何らかの購入に誘導するボタン、外部リンク、その他の機能をAppやメタデータに含めることはできません。

3.1.3 その他の購入方法:次に挙げるAppでは、App内課金以外の購入方法を利用することができます。ただし、このセクションで挙げられるAppは、App内およびApp内でアカウント登録時に得られた連絡先への(メールやテキストメッセージなどの)コミュニケーションを通じて、App内課金以外の購入方法を利用するようにユーザーを促すことは認められません。

3.1.3(a)「リーダー」App:以前に購入したコンテンツまたはコンテンツのサブスクリプション(具体的には、雑誌、新聞、書籍、オーディオ、音楽、ビデオ)に、ユーザーがアクセスできるようにすることは許可されています。「リーダー」Appは、無料ユーザー層向けにアカウント作成の機能や、既存ユーザー向けにアカウント管理の機能を含めることができます。

「App Store Reviewガイドライン」3.1支払いより抜粋引用(2021/3/14時点)

App Storeで提供する「Appのコンテンツや機能」1は「App内課金」を利用して提供する必要があるということ。

電子書籍リーダーAppに関して、以前に購入したコンテンツについては、その限りではないようです。

ただし「App内課金」以外の購入方法を促すことは認められていません。

気になるところは「この商品は紀伊國屋書店ウェブストアで購入できます。」とアプリから購入方法を促していますが、App Storeの規約的に大丈夫なのでしょうか。

オサカナ
オサカナ

いや。まずいね

Kinoppyの収益性

説明してきた通り、App内課金を使えばiOS版のアプリでも電子書籍を購入できるはずです。

オサカナ
オサカナ

なぜApp内課金で提供しないの?

その理由は、App内課金で提供すると売上からAppleに手数料を支払う必要があるからです。

どういうことかというと・・・

Appleの手数料があると?
  • Kinoppyの儲けが下がる
    そのまま値段設定では電子書籍の利益は手数料を引いたものになる。
  • 電子書籍の値段が上がる
    手数料を加味した値段設定すると電子書籍の方が普通の書籍に比べて割高になってしまう。

その結果、iOS版アプリでは「購入できない」仕組みを採用していると考えられます。
(App Storeの手数料の話では、iOS版のフォートナイトの揉め事が有名ですよね。)

スポンサーリンク

まとめ:電子書籍はアプリ内で購入できないだけでiPhoneでも購入できる

やったー

まとめると、この3点です。

  • iOS版Kinoppyアプリから電子書籍は購入できない
    ※「WEB取り扱い商品」「この商品は紀伊國屋書店ウェブストアで購入できます。」という表記
  • iOSではSafariで紀伊国屋書店ウェブストアにアクセスすれば購入できる
  • iOSアプリで購入できない理由はApp内課金ではApp Storeの手数料がかかるため、Kinoppyでは採用していない、と考えられる。

実はAmazonの電子書籍サービス「Kindle」でも同じように電子書籍を購入できません。世界的な企業でも同じなのが面白いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました