BOOK☆WALKER電子書籍を安く買う方法/iPhoneでは高い訳

BOOK☆WALKER電子書籍を安く買う方法/iPhoneでは高い訳iPhone
BOOK☆WALKER電子書籍を安く買う方法/iPhoneでは高い訳
こんなiPhoneユーザにオススメ

・BOOK☆WALKERの電子書籍を安く買いたい
・BOOK☆WALKERのコインやクーポンを使いたい
・BOOK☆WALKERで価格が高くなる理由を知りたい
・BOOK☆WALKERでコインやクーポンが使えない理由を知りたい

こんにちは、オサカナです。
iPhoneでKADOKAWA直営「BOOK☆WALKER」の電子書籍を物色していたら、3つの違和感に気づく・・・

  • 電子書籍の価格が高い(1%〜5%程)
  • 電子書籍の中に買えないものがある
    ※「Safari等のブラウザを起動して、bookwalkerへアクセスしてください。本商品は、このアプリから購入できません」の表記
  • コインやクーポンが使えない
    ※「このストアではコイン・クーポンが使えません。」の表記
オサカナ(真顔)
オサカナ(真顔)

あれ?なんか高いしクーポン使えないの?

App Store規約や価格設定を調べたら理由が分かりました。
今回はiPhoneでBOOK☆WALKERの電子書籍を安く買う方法を解説します。

BOOK☆WALKER電子書籍を安く買う方法

BOOK☆WALKER電子書籍を安く買う方法

SafariからBOOK☆WALKER WEBストアにアクセスすれば安く購入できます
そしてコインやクーポンも使えます
「AppleID購入」では値段が高く、コインやクーポンを使えません。(理由は後述)

PCのブラウザ(Chrome、Edge、Firefox、Safari)からでも購入OKです。
要はiPhoneアプリから買うと高くなります

この内容は、iOS版アプリとWEBストアの価格について「BOOK☆WALKER」のヘルプにも記載がありました。

Q.同じ作品でもアプリとウェブで価格が違うのはどうしてですか?
iOSアプリ内[AppleIDストア]とWebストアとで価格が異なる場合がございます。 iOSアプリ内[AppleIDストア]の価格は、Apple社の設定に合わせる必要があるため柔軟な価格設定ができません。
一方、ブラウザからアクセスするWebストアでは価格を柔軟に設定できるため、iOSアプリ内[AppleIDストア]とWebストアで価格差が出る場合があります。

出典:「同じ作品でもアプリとウェブで価格が違うのはどうしてですか? | BOOK☆WALKER」より

「価格差が出る」という表現なので安いこともあるのか?と思いますが、App Storeの規約から言えば高い方しかないはずです。(理由は後述)

↓コインやクーポンについてもヘルプに記載がありましたが「なぜ使えないのか」には言及はないですね。

Q.iOSアプリのストアでコインやクーポンが使えません。
iOSアプリのストアではBOOK☆WALKERコインやクーポンをご利用いただけません。
コイン・クーポンはWebストアでご利用いただけます。iOS端末でコイン・クーポンをご利用になる場合は、Safari等のブラウザよりWebストアを開いてご利用ください。

出典:「iOSアプリのストアでコインやクーポンが使えません。 | BOOK☆WALKER」より

iPhoneアプリのストアから「AppleID購入」すると高くなる理由

iPhoneアプリのストアから「AppleID購入」すると高くなる理由

iPhoneアプリだと値段が高くなる理由には、次の2つの側面があります。

  • App Storeの規約:コンテンツ提供はApp内課金のみ、購入方法は促せない
  • BOOK☆WALKERの収益性:App内課金の手数料、柔軟な価格設定ができない

では説明します。

App Storeの規約

App Storeの規約を確認すると、iPhoneアプリで電子書籍を提供する場合の課金形態について分かります

要点としては3つ。

iPhoneアプリで電子書籍を提供する場合

  • iPhoneアプリで電子書籍購入の場合「App内課金」の利用が必須
  • iPhoneアプリから「App内課金」以外の方法を促してはいけない
  • 電子書籍リーダーアプリの場合、購入済みの書籍へのアクセスは許可する

これはApp Storeの規約「App Store Reviewガイドライン」の「3.1支払い」に関係する内容が書かれていました。

3.1.1 App内課金:
Appのコンテンツまたは機能(例:サブスクリプション、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンの利用)は、App内課金を使用して解放する必要があります。コンテンツや機能を解放するため、ライセンスキー、拡張現実マーカー、QRコードなど、App独自の方法を用いることはできません。App内課金以外の方法で、ユーザーを何らかの購入に誘導するボタン、外部リンク、その他の機能をAppやメタデータに含めることはできません。

3.1.3 その他の購入方法:次に挙げるAppでは、App内課金以外の購入方法を利用することができます。ただし、このセクションで挙げられるAppは、App内およびApp内でアカウント登録時に得られた連絡先への(メールやテキストメッセージなどの)コミュニケーションを通じて、App内課金以外の購入方法を利用するようにユーザーを促すことは認められません。

3.1.3(a)「リーダー」App:以前に購入したコンテンツまたはコンテンツのサブスクリプション(具体的には、雑誌、新聞、書籍、オーディオ、音楽、ビデオ)に、ユーザーがアクセスできるようにすることは許可されています。「リーダー」Appは、無料ユーザー層向けにアカウント作成の機能や、既存ユーザー向けにアカウント管理の機能を含めることができます。

「App Store Reviewガイドライン」3.1支払いより抜粋引用(2021/3/14時点)

App Storeで提供する「Appのコンテンツや機能」1は「App内課金」を利用して提供する必要があるということ。

電子書籍リーダーAppに関して、以前に購入したコンテンツについては、その限りではないようです。

ただし「App内課金」以外の購入方法を促すことは認められていません。

ということで、BOOK☆WALKERでは「AppleID購入」、つまり「App内課金」を採用していることになります。
そしてアプリ内には「WEBストアならコイン・クーポンが使えて安く買えるよ」とは紹介していないのは「購入方法を促せない」がゆえですね。

ただアプリで電子書籍が買えないものに関しては「Safari等のブラウザを起動して、bookwalkerへアクセスしてください。本商品は、このアプリ購入できません」の表記があり、どう見てもApp内課金以外の方法を促しているのが気になります・・・・

オサカナ
オサカナ

ちなみに他社の電子書籍ではApp内課金は採用していないところが多いですね

BOOK☆WALKERの収益性

説明してきた通り「App内課金」によりiOS版アプリで電子書籍を購入できることは分かりました。

オサカナ
オサカナ

じゃあ。なんで高くなるの?

その理由として「App内課金では手数料が取られる」「App内課金では柔軟な価格設定ができない」の2つがあります。

App内課金では手数料が取られる

App内課金で提供すると売上からAppleに手数料を支払う必要があります。

どういうことかというと、電子書籍の価格設定に影響します。

手数料があるとどうなる?
  • 手数料を考えず価格設定する
    電子書籍の利益はApp内課金の手数料を引いたものになり、WEBストアで販売する場合に比べ、儲けが減る。
  • 手数料を考慮した価格設定にする
    WEBストアの値段+手数料になり、アプリ経由では高くなる。

BOOK☆WALKERでは高くなっているので後者になります。

ただ続きを読んでもらえばわかりますが、手数料分をそのまま価格に反映しているわけではありませんでした。

App内課金では柔軟な価格設定ができない

App内課金でコンテンツ提供をする場合、事前に価格登録する必要があるようです。

↓アプリの価格とWEBサイトの価格を比較した表です。

App内課金の名前課金価格WEBサイトの価格(例)
価格帯1の電子書籍¥120¥100
価格帯3の電子書籍¥370¥366
価格帯A3の電子書籍¥400¥400
価格帯4の電子書籍¥490¥462
価格帯A4の電子書籍¥500¥495
価格帯A5の電子書籍¥600¥561
価格帯5の電子書籍¥610¥606
価格帯6の電子書籍¥730¥650,¥660,¥704
価格帯7の電子書籍¥860¥792
価格帯8の電子書籍¥980¥869
価格帯9の電子書籍¥1,100¥1,100
価格帯10の電子書籍¥1,220¥1,188
価格帯11の電子書籍¥1,340¥1,320
価格帯12の電子書籍¥1,480¥1,463
価格帯13の電子書籍¥1,600¥1,485
価格帯14の電子書籍¥1,720¥1,700
価格帯15の電子書籍¥1,840¥1,760
価格帯16の電子書籍¥1,960¥1,870
価格帯17の電子書籍¥2,080※該当商品見つけられず
価格帯19の電子書籍¥2,320¥2,310
価格帯51の電子書籍¥7,000¥6,952

こんな感じで「価格帯Xの電子書籍」という名前でApp内課金の価格帯を準備しており、電子書籍が価格帯に収まるように価格設定をしていることが伺えます。

この価格帯にしている背景にはApp Storeの手数料も考慮しているものと思われます。

¥400,¥1,100など、WEBストアと同じ価格設定の場合もあり、手数料あるから必ず高くするというわけではないようです。

手数料分はカバーしきれていない価格設定なので、かなり良心的な価格設定をしている、と思います。

オサカナ
オサカナ

価格帯情報は、コツコツ調べましたよ・・・¥7,000が「51」というので全部調べるのは諦めました

iPhoneアプリのストアで「購入できないものがある」理由

iPhoneアプリのストアで「購入できないものがある」理由

これに関しては「収益性」に関する部分で、採用していないと考えられます。

  • BOOK☆WALKERの収益性:App内課金の手数料、柔軟な価格設定ができない

例えば、書籍の出版社の取り分の関係でBOOK☆WALKERで利益が出せない、であったりApp内課金でちょうどよい価格帯を用意できていないもの、が該当すると思われます。

オサカナ
オサカナ

推測の域ですけどね

iPhoneアプリのストアで「コインやクーポンが使えない」理由

iPhoneアプリのストアで「コインやクーポンが使えない」理由

iPhoneアプリで「コインやクーポンが使えない」理由としては2つあると考えられます。

  • 代替通貨としての機能:App内課金以外の購入方法になる
  • App内課金の価格設定:柔軟な価格設定ができない

では説明します。

代替通貨としての機能

「コインやクーポン」が使えた場合、App内課金以外の方法でコンテンツを購入できることになります。

つまり「コンテンツ提供はApp内課金のみ」とするApp Store規約から言えば許可されません

App内課金の価格設定

価格が高くなる考察で紹介した「価格帯Xの電子書籍」の価格帯でしか提供できないのが理由です。

例えば、コインによりマイナス100円ができたとしても、準備されている価格帯にちょうどマイナス100円したものがなければ、App内課金での支払いができません

クーポンも同様ですね。クーポンの割引を適用した価格が準備されていなければ支払いができません。

まとめ:iPhoneアプリ版は高くなるのでWEBストアから買いましょう

朝日

まとめると、おおきく4点です。

  • iOSではSafariでBOOK☆WALKER WEBストアにアクセスすること
    • 安く購入できる
    • コインやクーポンも使用できる
  • iOSアプリで高くなる理由は2つ
    • App内課金ではApp Storeの手数料がかかる
    • App内課金では柔軟な価格帯を準備できない
  • iOSアプリでコインやクーポンが使えない理由は2つ
    • App内課金以外での購入方法となる
    • App内課金では柔軟な価格帯を準備できない
  • iOSアプリで買えないものがある理由は2つ
    • App内課金の手数料により利益がでない
    • App内課金では柔軟な価格帯を準備できない

ちなみに電子書籍はAmazonのサービスがオススメですよ。

電子書籍を買う前に
  • AmazonKindleストアと値段比較してますか?
  • 200万冊読み放題Kindle Unlimitedがオススメ!無料体験も
  • AmazonのAudible最初の1冊が無料。プロのナレーターが朗読した本を聴けます。家事中や通勤電車で聴くのがオススメ。本は聴く時代に

他の「電子書籍アプリ」でも同じようにアプリからでは電子書籍を購入できません。
(左:購入方法、右:アプリのメッセージ)

電子書籍サービスを展開している会社の中で、App内課金を採用しているのは1社です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村